酵素ダイエットと好転反応

酵素ドリンクを使用したダイエットを行っている時に、好転反応と呼ばれる減少が起きる場合があります。好転反応とは、瞑眩(めんけん)反応とも呼ばれ、酵素ドリンクなど健康に良い物を摂り始めた時に一時的に現れる体の不調の事です。酵素ドリンクを飲んでいる場合だと、吹き出物が出てきたり、下痢になってしまったり、頭痛、めまい、眠気、発熱、肌荒れ、湿疹、なんとなく体がだるい、口臭など様々な好転反応が報告されています。このような症状が出た時に、酵素ドリンクが体に合わないのでは?や、副作用では?と思う人も出てくるかと思いますが、副作用とは薬などを摂取したあとに問題の部分以外の所の調子が悪くなる事で、対して好転反応は今まで問題だった部分が一時的に悪化する事なので、好転反応と副作用は別なものになります。

なぜ酵素ドリンクを飲むと好転反応が起きるかというと、酵素ドリンクを飲む事で代謝が良くなり、体に溜まっていた老廃物や毒素を排出しようとするからです。中には排出される老廃物や毒素が多すぎて、好転反応の症状がひどく出てしまう人もいるかもしれません。好転反応が出た場合は、とにかく体を休ませる事が大切です。横になるなどして、毒素や老廃物がなくなるまでは無理をしない事が大切です。どうしても我慢出来ない場合や、仕事中などの場合には、何か少しだけ消化のいい食べ物(おかゆなど)を食べることをお勧めします。(人気のサプリは「酵素サプリ人気ランキング」といったキーワードで探すといいと思います。)どうしても好転反応を避けたい、あるいは好転反応を和らげたいという人は、酵素ドリンクにプラスで酵素サプリを摂ることをお勧めします。好転反応を過ぎれば、あとは体調も良くなる一方です。酵素ドリンクを飲み始めたら、このような好転反応があるという事を覚えておく事で、実際に症状が起きても上手く対応出来るのではないかと思います。